本日は一斉消毒の日です

本日、1月20日は一斉消毒の日です。

国内では、今月8日に沖縄県においてCSFの発生が確認され、その後発生が拡大するなど(国内52ー55例目)、終息が見通せない状況にあります。
また鳥インフルエンザについては、渡り鳥の本格的な飛来シーズンに入っており、愛媛県などにおいて野鳥の糞便から低病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されるなど、本病の発生リスクも一層高まっております。
さらに、海外においては口蹄疫やASFの発生が継続しています。特にASFについては中国を中心にアジア全域に急速に拡大しており、これから春節をむかえ人の動きが活発になることから引き続き厳重な警戒が必要です。
 

これらの家畜伝染病を発生させないためにも、農家の皆様方には、改めて、日頃の農場防疫体制を再確認していただき、
①畜舎周囲の整理整頓や畜舎の破損箇所の修繕等の野生動物対策
②衛生管理区域に立ち入る人や車両の消毒の徹底
③衛生管理区域専用の衣服や靴の使用
④立入記録の管理
など、飼養衛生管理基準の遵守の徹底を含めた農場防疫の強化及び継続的な取組みをお願いいたします。
 
 家畜伝染病から家畜の命を守るのはあなた自身です。周りの方にも呼びかけ、日本一安全・安心な畜産県を目指しましょう。

【問い合せ先 宮崎県家畜防疫対策課 0985-26-7139】
※皆様の周りの防災メール未加入の方へ加入を呼びかけましょう。


気象警報・注意報

2020年01月20日16時25分 発表
【延岡市】
 強風注意報が発表されました。
【日向市】
 強風注意報が発表されました。
【高鍋町】
 強風注意報が発表されました。
【新富町】
 強風注意報が発表されました。
【川南町】
 強風注意報が発表されました。
【都農町】
 強風注意報が発表されました。
【門川町】
 強風注意報が発表されました。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】

火山情報

2020年01月20日16時00分 発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 1月17日から20日15時までの新燃岳の活動状況をお知らせします。

【火山活動の状況】
 新燃岳では、1月2日に火口直下を震源とする火山性地震が増加しましたが、その後は概ね少ない状態で経過しています。火山性微動は観測されていません。
 
 1月17日からの火口直下を震源とする火山性地震の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
 
            火山性地震
  1月17日        3回
    18日        2回
    19日        0回
    20日15時まで   0回
 
 傾斜計等の地殻変動観測データに特段の変化は認められません。
 
 監視カメラによる観測では、噴煙の状況に特段の変化は認められません。

【防災上の警戒事項等】
 弾道を描いて飛散する大きな噴石が新燃岳火口から概ね2kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する可能性があります。そのため、新燃岳火口から概ね2kmの範囲では警戒してください。
 風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
 地元自治体等が行う立入規制等にも留意してください。

 次の火山の状況に関する解説情報は、24日(金)16時頃に発表の予定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】

火山情報

2020年01月20日16時00分 発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
 1月17日から20日15時までの桜島の活動状況をお知らせします。南岳山頂火口及び昭和火口から1kmを超えて飛散する大きな噴石や小規模な火砕流を伴う噴火が引き続き発生するおそれがあります。

【火山活動の状況】
 桜島では、活発な噴火活動が続いています。
 
 南岳山頂火口では、噴火が13回発生し、このうち10回が爆発でした。噴煙は最高で火口縁上1500mまで上がり、弾道を描いて飛散する大きな噴石は最大で6合目(南岳山頂火口より800mから1100m)まで達しました。また、同火口では、高感度の監視カメラで夜間に火映を観測しました。
 
 島内に設置している傾斜計及び伸縮計では、山体の隆起・膨張を示すゆるやかな変動がみられています。
 
 火山性地震は少ない状態で経過しています。火山性微動は観測されていません。
 
 1月17日からの火山性地震、火山性微動、爆発の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
 
            火山性地震 火山性微動   爆発
  1月17日       18回    0回   7回
    18日        6回    0回   1回
    19日        9回    0回   1回
    20日15時まで   2回    0回   1回
 
 桜島では、火山ガス(二酸化硫黄)の1日あたりの放出量が多い状態であることや山体膨張と考えられる地殻変動がみられていることから、今後も活発な噴火活動が継続する可能性があります。

【防災上の警戒事項等】
 南岳山頂火口及び昭和火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。
 風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。
 爆発に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。なお、今後の降灰状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性がありますので留意してください。

 次の火山の状況に関する解説情報は、24日(金)16時頃に発表の予定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】

気象警報・注意報

2020年01月19日22時06分 発表
【宮崎市】
 強風注意報が解除されました。
【延岡市】
 強風注意報が解除されました。
【日南市】
 強風注意報が解除されました。
【日向市】
 強風注意報が解除されました。
【串間市】
 強風注意報が解除されました。
【高鍋町】
 強風注意報が解除されました。
【新富町】
 強風注意報が解除されました。
【川南町】
 強風注意報が解除されました。
【都農町】
 強風注意報が解除されました。
【門川町】
 強風注意報が解除されました。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】

気象警報・注意報

2020年01月19日08時19分 発表
【宮崎市】
 強風注意報が発表されました。
【延岡市】
 強風注意報が発表されました。
【日南市】
 強風注意報が発表されました。
【日向市】
 強風注意報が発表されました。
【串間市】
 強風注意報が発表されました。
【高鍋町】
 強風注意報が発表されました。
【新富町】
 強風注意報が発表されました。
【川南町】
 強風注意報が発表されました。
【都農町】
 強風注意報が発表されました。
【門川町】
 強風注意報が発表されました。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】

気象警報・注意報

2020年01月18日04時17分 発表
【宮崎市】
 強風注意報が解除されました。
【延岡市】
 強風注意報が解除されました。
【日南市】
 強風注意報が解除されました。
【日向市】
 強風注意報が解除されました。
【串間市】
 強風注意報が解除されました。
【高鍋町】
 強風注意報が解除されました。
【新富町】
 強風注意報が解除されました。
【川南町】
 強風注意報が解除されました。
【都農町】
 強風注意報が解除されました。
【門川町】
 強風注意報が解除されました。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】

火山情報

2020年01月17日16時00分 発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続>
 1月14日から17日15時までの新燃岳の活動状況をお知らせします。

【火山活動の状況】
 新燃岳では、1月2日に火口直下を震源とする火山性地震が増加しましたが、その後は概ね少ない状態で経過しています。火山性微動は観測されていません。
 
 1月14日からの火口直下を震源とする火山性地震の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
 
            火山性地震
  1月14日        0回
    15日        0回
    16日        1回
    17日15時まで   0回
 
 傾斜計等の地殻変動観測データに特段の変化は認められません。
 
 監視カメラによる観測では、噴煙の状況に特段の変化は認められません。

【防災上の警戒事項等】
 弾道を描いて飛散する大きな噴石が新燃岳火口から概ね2kmまで、火砕流が概ね1kmまで達する可能性があります。そのため、新燃岳火口から概ね2kmの範囲では警戒してください。
 風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。
 地元自治体等が行う立入規制等にも留意してください。

 次の火山の状況に関する解説情報は、20日(月)16時頃に発表の予定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】

火山情報

2020年01月17日16時00分 発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
 1月14日から17日15時までの桜島の活動状況をお知らせします。南岳山頂火口及び昭和火口から1kmを超えて飛散する大きな噴石や小規模な火砕流を伴う噴火が引き続き発生するおそれがあります。

【火山活動の状況】
 桜島では、活発な噴火活動が続いています。
 
 南岳山頂火口では、噴火が14回発生し、このうち11回が爆発でした。噴煙は最高で火口縁上2000mまで上がり、弾道を描いて飛散する大きな噴石は最大で5合目(南岳山頂火口より1000mから1300m)まで達しました。また、同火口では、高感度の監視カメラで夜間に火映を観測しました。
 
 1月15日に実施した現地調査では、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり3400トン(前回2019年12月23日、1000トン)と非常に多い状態でした。
 
 島内に設置している傾斜計及び伸縮計では、山体の隆起・膨張を示すゆるやかな変動がみられています。
 
 火山性地震は少ない状態で経過しています。火山性微動は観測されていません。
 
 1月14日からの火山性地震、火山性微動、爆発の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
 
            火山性地震 火山性微動   爆発
  1月14日       11回    0回   4回
    15日       12回    0回   2回
    16日        5回    0回   2回
    17日15時まで   9回    0回   3回
 
 桜島では、火山ガス(二酸化硫黄)の1日あたりの放出量が多い状態であることや山体膨張と考えられる地殻変動がみられていることから、今後も活発な噴火活動が継続する可能性があります。

【防災上の警戒事項等】
 南岳山頂火口及び昭和火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。
 風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。
 爆発に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。なお、今後の降灰状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性がありますので留意してください。

 次の火山の状況に関する解説情報は、20日(月)16時頃に発表の予定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】

宮崎県 防災・防犯情報などを転載しています。