宮崎県/メールサービス のすべての投稿

(国内14例目)千葉県の肉用鶏農場における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について

内  容
 千葉県内の肉用鶏農場において、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されました(1月19日農水省情報)。

【発生農場の概要】
14例目
所在地:千葉県八街市
飼養状況:肉用鶏(約6.6万羽)

 昨年11月以降、国内の養鶏農場において本病の発生が確認されています。県内においても野鳥糞便より本病ウイルスが確認されていることから、県内での発生リスクは非常に高く、最大限の警戒が必要です。
 農家の皆様方におかれましては、飼養衛生管理基準を遵守し、鶏舎内へウイルスを持ち込ませないよう、防疫対策の一層の強化・継続をお願いします。
 また、死亡羽数が増加する等特定症状を発見した場合は、直ちに管轄の家畜保健衛生所へ通報してください。

 伝染病から家畜の命を守るのはあなた自身です。周りの方にも呼びかけ、日本一安全・安心な畜産県を目指しましょう。

 【問い合せ先 宮崎県家畜防疫対策課 0985-26-7139】
  ※皆様の周りの防災メール未加入の方へ加入を呼びかけましょう。
   登録手順
www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/manual.html


気象警報・注意報

2022年01月19日08時03分 発表
【西米良村】
 低温注意報が解除されました。
【諸塚村】
 低温注意報が解除されました。
【椎葉村】
 低温注意報が解除されました。
【美郷町】
 低温注意報が解除されました。
【高千穂町】
 低温注意報が解除されました。
【日之影町】
 低温注意報が解除されました。
【五ヶ瀬町】
 低温注意報が解除されました。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】

気象警報・注意報

2022年01月18日14時28分 発表
【西米良村】
 低温注意報が発表されました。
【諸塚村】
 低温注意報が発表されました。
【椎葉村】
 低温注意報が発表されました。
【美郷町】
 低温注意報が発表されました。
【高千穂町】
 低温注意報が発表されました。
【日之影町】
 低温注意報が発表されました。
【五ヶ瀬町】
 低温注意報が発表されました。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】

◆交通死亡事故の発生

1月17日(月)午後6時頃、小林市水流迫の国道で、直進中の普通乗用車が、道路横断中の歩行者をはね、歩行者の女性(71歳)が亡くなりました。
★県内重大事故多発!
★危険を予測する「かもしれない運転」を実践しましょう。
★歩行者は、横断歩道を利用し、車の直前・直後は横断しないようにしましょう。

【宮崎県警察本部交通企画課】


火山情報

2022年01月17日16時00分 発表

<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>
 1月14日から17日15時までの桜島の活動状況をお知らせします。南岳山頂火口及び昭和火口から1kmを超えて飛散する大きな噴石や小規模な火砕流を伴う噴火が発生するおそれがあります。

【火山活動の状況】
 南岳山頂火口では、ごく小規模な噴火が時々発生しました。
 また、同火口では、夜間に高感度の監視カメラで火映を観測しました。
 
 火山性地震は少ない状態で経過しています。火山性微動は観測されていません。
 
 島内に設置している傾斜計及び伸縮計では、昨年(2021年)11月以降、山体膨張を示すごくわずかな地殻変動が観測されていますが、同年12月以降鈍化しています。
 
 GNSS連続観測では、昨年10月頃から、姶良カルデラ(鹿児島湾奥部)の地下深部の膨張を示す基線の伸びが認められています。
 
 桜島では、姶良カルデラ(鹿児島湾奥部)の地下深部にマグマが長期にわたり蓄積した状態であり、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量はやや多い状態で経過しています。また、山体膨張を示すごくわずかな地殻変動が引き続き観測されていることから、現在噴火活動がみられている南岳山頂火口を中心に、噴火活動がさらに活発化する可能性がありますので、今後の火山情報に注意してください。
 
 火山性地震、爆発の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
 
            火山性地震  爆発
  1月14日        2回  0回
    15日        2回  0回
    16日        3回  0回
    17日15時まで   0回  0回

【防災上の警戒事項等】
 南岳山頂火口及び昭和火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。
 風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。
 爆発に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。なお、今後の降灰状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性がありますので留意してください。

 次の火山の状況に関する解説情報は、21日(金)16時頃に発表の予定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。

詳細な情報は次をご覧下さい。
miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/


【宮崎県危機管理課】