海外家畜伝染病の発生(高病原性鳥インフルエンザ)


宮崎県【家畜伝染病】のお知らせです。
台湾の家きん飼養農場において高病原性鳥インフルエンザが発生しました(4月13日農水省情報)。

 【発生の概要】
 ・台湾 雲林県
  発生日:2018年3月26日〜4月2日
  血清型:H5N2(高病原性)
  発生数:4件(農場:肉用アヒル、採卵鶏、肉用ガチョウ)
 
 ・台湾 屏東県
  発生日:2018年3月27日
  血清型:H5N2亜型(高病原性)
  発生数:1件(肉用あひる農場)

 農水省HPリンク:
  http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/index.html

 過去には、4月に国内の家きん飼養農場で高病原性鳥インフルエンザの発生した事例があることから、引き続き最大限の警戒が必要です。
 農家の皆様方におかれましては、飼養衛生管理基準を遵守し、不用意に人を衛生管理区域へ立ち入らせず、消毒の徹底等、防疫対策の一層の強化・継続をお願いします。

 4月は特別防疫月間です。周りの方にも呼びかけ、日本一安全・安心な畜産県を目指しましょう。

 【問い合せ先 宮崎県家畜防疫対策課 0985-26-7139】
  ※皆様の周りの防災メール未加入の方へ加入を呼びかけましょう。
   登録手順 www.fastalarm.jp/m…